後頭部痛に効果のある4つのツボとは - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

後頭部痛に効果のある4つのツボとは



今回は、首筋から後頭部・頭頂部にかけてギューッと締め付けられるような痛みや重だるさがあり、肩こりやめまいなどを伴う事もある頭痛、後頭部痛に効果の高い4つのツボについてご紹介していこうと思います。


このタイプの頭痛は、不安や緊張などの精神的ストレスや、パソコン操作などでの長時間の無理な姿勢や目の酷使といった身体的ストレスで悪化しやすく、逆に入浴や運動などで痛みが改善するといった特徴があります。


ほとんどの場合、「緊張型頭痛」の症状としてこの様な後頭部痛が生じています。


痛みの原因としては、主に首から後頭部に分布する知覚神経や交感神経が過敏になり、僧帽筋などの筋肉が緊張して硬くなる事で、あの重苦しい締め付けられるような痛みが起こっているんですね。


そこで、その神経や筋肉の緊張を和らげてくれる「ツボ」が抜群の効果を発揮してくれる、というわけなんです。


では、具体的にその「ツボ」はというと・・・



-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------


stockfoto_73020066_S.jpg


後頭部痛に効果の高い「ツボ」とは



具体的に、後頭部にある神経や筋肉の緊張を和らげてくれる「ツボ」としては、後頭部の神経と関係が深い「風池(ふうち)」「天柱(てんちゅう)」「完骨(かんこつ)」です。


「風池(ふうち)」は、小後頭神経と関係が深く、「天柱(てんちゅう)」は大後頭神経、「完骨(かんこつ)」は大耳介神経とそれぞれ関係が深いんですね。


これらのツボを押せば、刺激がダイレクトに伝わり、神経や筋肉の緊張を和らげ、さらには肩や首だけじゃなく脳の血流も改善して、コリがほぐれ、目や頭もスッキリしてきます。


なので、「ちょっとストレスで頭が重い」とか「一日中パソコン作業で頭が締め付けられるように痛い」などの症状がある時に、グッとこのツボを指圧してあげる事で、だいぶ症状が和らぐと思います。


では、具体的にそれぞれのツボについてさらに詳しく見ていきましょう。





完骨(かんこつ)の場所と押え方



kankotugazou.jpg

まず、「完骨(かんこつ)」は、首から頭への血流をよくする効果があるツボです。


見つけ方


耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の先端を指でたどり、その後ろにあるくぼみの中の圧痛点か、圧通のあるシコリを見つけてください。そこが完骨のツボです。


押え方


頭をつかむようにして、親指をツボに当て、頭の中心にむかって押してください。左右同様に押す事がポイント。




風池(ふうち)の場所と押え方



fuutigazou.jpg

「風池(ふうち)」は、ツボを介して後頭部の神経に直接アプローチしてくれます。


見つけ方


後頭部の髪の生え際、僧帽筋と胸鎖乳突筋の間にあるくぼみの中の圧痛点か、圧痛のあるシコリを見つけてください。
先ほどの「完骨」と頭の中心線からちょうど3分の1のところにあるくぼみの部分になります。


押え方


頭を支えるようにして、親指をツボに当て、骨を押し上げるようなイメージで頭の中心に向かって押してください。左右同様に押すのがポイント。




天柱(てんちゅう)の場所と押え方



tenntyuu2.jpg

「天柱(てんちゅう)」は、頭痛のタネになる首・肩のこりも同時に解消してくれるツボ。


見つけ方


首の骨のラインを髪の生え際までたどり、頭蓋骨の下にあるくぼみの中の圧痛点か、圧痛のあるシコリを見つけてください。
さらに、先ほどの「風池」との位置関係でいくとこのようになります。

tenntyuu1.jpg

頭の中心から約2センチほど離れた場所で、「風池」は頭蓋骨に沿ってあるくぼみに対して、「天柱」はそこからだいたい親指2つ分くらい下の首の骨にあるくぼみです。


押え方


頭を支えるようにして、親指をツボに当て、頭の中心にむかって押してください。左右同様に押す事がポイント。





以上が、後頭部にある神経に直接関係の深い代表的な3つの「ツボ」になります。



これだけでも十分効果が得られますが、最後にもうひとつ、直接後頭部の神経上にはありませんが、遠隔治療のツボとして、足の外くるぶしの横にある「崑崙(こんろん)」というツボをご紹介します。




崑崙(こんろん)の場所と押え方



konrongazou.jpg

「崑崙(こんろん)」は、首筋や後頭部とも関連する経絡上にあり、頭痛の特効ツボとしても使われています。


見つけ方


足の外くるぶしの頂点から、まっすぐかかと方向にたどり、アキレス腱とかかとの骨でできるくぼみの中の圧痛点を見つけてください。


押え方


肩膝を立てて床に座り、つまむようにしてツボに親指を当て、足首の中心に向かって押してください。左右同様に行うのがポイント。




という事で、以上4つの「ツボ」をご紹介しました。


この4つでたいていの後頭部痛に対処できますが、肩こりなどの他の症状もある場合は、それらに効くツボも押すと良いと思います。


あなたの頭痛に関係するツボは、押すと痛みますが、そこが押すべきツボなので、しっかりと押しましょう。


あわせて、日頃から上半身の体操や肩までつかる全身浴を取り入れ血行をよくする習慣を作ると、より早く改善できると思います。



ではでは、今回はこの辺で。


また次回をお楽しみに~
(^^♪




関連記事

ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

No title

はじめまして。
コメントさせていただきます。

このブログ、すごいですね!
めっちゃ、わかりやすい。
特に、
このツボの見つけ方が
とってもわかりやすかったです。

自分が頭痛持ちなので、大変助かりかります。

私も頭痛についてブログ書いてますので、
いろいろこのブログで勉強させていただきます!

それでは!

2015-02-13 21:27 from achan

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.