偏頭痛には亜麻仁油がおススメ - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

偏頭痛には亜麻仁油がおススメ


以前、こちらのブログでも記事を書いたのですが、「植物油が実は健康を害する原因だった」というお話をしたと思います。


その中で、「健康に悪い油」「健康に良い油」があるという事でしたね。


「健康に悪い油」
の代表例としては、人工的に加工精製されたもの(市販のサラダ油など)やマーガリン、ショートニングでこれらの油は危険な「トランス脂肪酸」が多く含まれているので極力取らない様にするという事でした。


(詳しくは、こちらの「植物油が健康を害する最大の要因だった」の記事を参照して下さい。)


逆に「健康に良い油」の代表例として、低温圧搾製法(コールドプレ)で作られた亜麻仁油やオリーブオイル・ごま油などをご紹介しました。


今回は、この中でもイチオシの「亜麻仁油(あまにゆ)」について、もう少し詳しくご紹介したいと思います。



-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------


亜麻仁油とは



amaniyu2.jpg

亜麻仁油(あまにゆ)は、胡麻のような形をした「亜麻」という植物の種から抽出された油のこと。亜麻(植物)の仁(種)の油で、亜麻仁油と言います。


実は、もともとは「塗料」や「インク」の原料として使われていたのですが、最近この亜麻仁油の健康効果が発見され、今では「食用油」として数々のメディアで注目されているんですね。


特にこちらのブログでもご紹介している、必須脂肪酸の「オメガ3」を効果的に補給する上では一番おススメの油で、「脳神経」や「視神経」を正常に働かせる効果が期待できます。




亜麻仁油の効果・効能


亜麻仁油の効果・効能としては、次のようなものがあります。


肌や髪質を健康な状態にしてくれます。


これは、亜麻仁油に含まれる「オメガ3」の効能で、「血流が良くなる」為に現れる効果です。


スプーン1杯の亜麻仁油を取ってから数時間で「気分が良くなる」、「落ち着いた」と言われる事が多いのは、血流が正常にまわり出すからです。


血流の改善は、代謝を促し、体を温め、必要な栄養素を必要な場所に届けてくれるので、健康にとっても美容にとってもかなりの効果が期待できますよね。


ダイエットにも効果あり!


「オメガ3」は、様々な生活習慣病の予防に効果が期待できます。


亜麻仁油には「不要なコレステロールを排出する」という効果もあるので、外食などで脂っこい物を食べたり、ファーストフードやスナック菓子を食べることで溜まったコレステロールを排出してくれます。


コレステロールは、人間の生命維持活動に必要不可欠なものですが、必要以上に体内に溜まると様々な健康被害を引き起こします。「動脈硬化」や「脳卒中」などは、異常に高い値のコレステロールが引き起こす最悪の結果と言ってもよいでしょう。



偏頭痛の予防にも効果あり!


「オメガ3」は、直接「脳神経」や「視神経」を正常に働かせる効果も期待できますが、それに加えて偏頭痛発生の直接的な原因である「活性酸素」を抑制する働きも期待できます。


これは、「オメガ3」がそうすると言うより、「活性酸素」を過剰に発生させない体質になっていく、と言ったほうが適切な表現かもしれません。



亜麻仁油には、それ以外にも様々な健康効果が期待できますが、これらの効果を得る為に、是非毎日の生活に亜麻仁油を取り入れることをおススメします。


もちろん、亜麻仁油を取り入れただけで偏頭痛が完全に治るというわけではありません。


ですが、偏頭痛改善の第一歩としてまずは取り入れてみるのも良いのではないでしょうか?





亜麻仁油の注意点



摂取量に注意する


いくら「体に良い油」といっても、とり過ぎはいけません。


人によって必要量も当然変わってきますが、まずは小さじ1杯から初めて、自分の体調や肌の状態を見ながら、少しずつ増やしていくといいと思います。


ある程度体に補給・補充されれば、体調を維持しながら、一日当りの量を減らしていくこともできます。


基本的な目安としては、大人は1日にテーブルスプーン1~2口(テーブルスプーンとは、カレーを食べる時に使うスプーンの事です)、子供は離乳食から、ティースプーン2分の1くらいから始めると良いといわれています。


加熱してはダメ



「オメガ3」などの必須脂肪酸は、非常に熱に弱く、熱を通すと破壊されてしまいます

これでは、何のために亜麻仁油を使っているのか意味がなくなってしまいますよね。


なので、基本的には炒め物などには使わずに、ドレッシングとして生野菜にかけて食べる方がしっかりと栄養成分が摂取できておススメです。


「スプーンにとって油をそのまま飲む」方法でももちろん良いのですが、あまり美味しい物ではないですよね。


慣れてしまえばなんとも有りませんが、慣れるまでは大変です。笑


ドレッシングで使う方法が一番なじみやすいと思いますよ。



保存方法に注意する



新鮮な油は、熱でも光でも酸化してしまうので、熱も光も出来るだけ避けながら保存する必要があります。


開封前のものなら常温保存でOKですが、一度開封してしまうとどんどん酸化してしまうので、開封後は冷蔵庫に保存してできるだけ早く使い切るようにしましょう。目安は6週間以内です。


また、フタをきっちりと締めて保管するなど、ちょっとした事で少しでも酸化のスピードを遅らせる事が大切です。


光によっても酸化してしまうので、直射日光のあたる所に置いてはいけません。風通しの良い、冷暗所に置いておきましょう。台所の下などは良い置き場所かもしれませんね。


また、亜麻仁油を購入する時には、このような性質上あまり大きなボトルは避けたほうがいいと思います。小さめのボトルを買ってこまめに使い切ったほうがいいでしょう。



ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.