偏頭痛はどんな時に起こりやすいの? - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

偏頭痛はどんな時に起こりやすいの?



偏頭痛はどんな時に起こりやすいのでしょうか?

そのパターンを知る事は、偏頭痛の予防に不可欠です。

例えばよくありがちな間違いとして、
偏頭痛は「肩こり」「首の痛み」を誘発してしまう事もあるのですが、

肩がこっているからといってマッサージを受けたり体を動かして血行がよくなると、実はよけいに肩こりや頭痛を悪化させてしまう事になります。

なので、偏頭痛のパターンを知る事はとても大切なんですね。

ここでは、偏頭痛が起こるメカニズムとどんな時に起こりやすいかについて説明していきましょう。


-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------



偏頭痛が起こるメカニズム




少し専門的な話になりますが、、、、


偏頭痛はどのようなメカニズムで起こるのか、”ざっくりと”説明させてもらうと、以下の4つのプロセスになると言われています。


様々な理由によって体の中に『活性酸素』が発生して、それが脳の血管内にある『セロトニン』を減少させることによって、脳の血管が収縮する


        

脳の血管が収縮する事で、脳に血液が十分に供給されなくなり、機能停止状態となる


        

しばらくするとその反作用として脳の血管が拡張して多くの血液が脳に流れこんでくることになる


        

その時に発生する炎症性の生理活性物質によって、心臓の鼓動に合わせて強い痛みを生じる



なんとなく解りますか?



例えて言うと、「水の流れているホースを踏みつけて流れを悪くした後で、ある瞬間それをパッと放した状態」です。


ホースの中に溜まった水は、パッと放した瞬間”ホースをバタバタと振り回しながら(暴れながら)”勢い良く飛び出していきますよね。


abareruhose.jpg


実はこれと全く同じ状態が脳の血管内でも起こり、それが偏頭痛だと考えられているんです。


ずっと正座をし続けた後に立ち上がろうとすると、足がビリビリ痺れますよね?結構耐えられないくらい痛いじゃないですか。原理的にはそれと同じような事が脳の中でも起こっているわけですね。


ちなみに、先ほど出てきた『活性酸素』と『セロトニン』という物質は、偏頭痛を語る上でものすご~く大切になってくるので、是非覚えておいて下さいね。(詳しくはおいおい説明します。)



なので、先ほどお話した様に、偏頭痛の発作が起きている時にマッサージをしたり体を動かしたりして急に血行を良くしてしまうと、逆に偏頭痛がひどくなってしまうんですね。



そんな時は、逆に静かであまり明るくない場所でゆっくり休息や睡眠をとるようにした方がよっぽど楽になるわけです。



偏頭痛はこんな時に起こりやすい


  1. 運動、飲酒、入浴などで”急に”血行が良くなったとき
  2. 明け方や目覚めのとき
  3.   (自律神経の切り替えに伴う血流の変化)
  4. 月経や排卵のとき
  5.   (ホルモンの分泌量の変化に伴う血流の変化)
  6. 低気圧の天候のときや人ごみの中にいるとき
  7.   (酸素濃度のわずかな低下)
  8. 季節の変わり目
  9.   (寒暖に伴う血流の変化)
  10. ホッとしたとき(ストレスから開放されたとき)
  11.   (ストレスが血管を収縮させるため)
  12. 化学調味料がたくさん入った食べ物を食べたとき
  13.   (化学調味料を異物として排除する時に多くの活性酸素が発生するため)
  14. ワイン、チョコレート、チーズなどを食べたとき
  15.   (偏頭痛の原因となる炎症性生理活性物質を多く含んでいる)
  16. 風邪を引いたとき
  17.   (風邪ウィルスを退治する時に活性酸素が発生)
  18. 寝すぎや寝不足、生活のリズムが乱れたとき
  19.   (セロトニンやメラトニンの不足を引き起こすため)
  20. 空腹時
  21. 明るい光や騒音のある環境、きつい香水の匂いをかいだとき
  22. 体が極端に冷えたとき
などなど…


あなたも思い当たるふしがあるんじゃないでしょうか?


全てはこの『血流の変化』や『活性酸素の増加』にともなう『セロトニンの減少・不足』が原因となっているんですね。


なので、逆に言えば偏頭痛を治すポイントとしては、『活性酸素をどう減らすか』と『脳内セロトニンをどう増やすか』に全てはかかっているという事になります。


この辺についても、おいおい詳しく説明していきますので楽しみにしていて下さいね。


ではでは、かなり長くなってしまったので、今日はこの辺で。


明日は「偏頭痛以外の頭痛にはどんなものがあるのか?」について書いてみようと思います。


それではまた明日お会いできるのを楽しみにしていますね!
ではでは~(^^♪


ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.