バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケン)の効果・効能と副作用は? - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケン)の効果・効能と副作用は?


こんにちは
(^^♪


今回は、以前「偏頭痛の予防薬はコレ!」の記事でも書いた、代表的な予防薬「バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケン)」について、もう少し詳しく書いていきたいと思います。


depaken2.jpg



バルプロ酸ナトリウム(デパケン)の効果・効能


この「バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケン)」は、もともとはてんかんの発作を防ぐ為の薬でした。


それが、神経細胞の興奮性を抑制する作用があることから、偏頭痛にも効果があるとされ、2010年に偏頭痛に対しても保険適用が認められました。


現在は、偏頭痛はもちろん、薬物乱用頭痛の予防治療にも広く使われています。


投与した患者さんの約70%に効果が得られるという結果が出ていて、月に2回以上偏頭痛の発作がある患者さんにこのバルプロ酸ナトリウム1000mgを投与して、8週間後にその効果を調べた研究では、1ヶ月あたりの平均発作回数が4.4回から3.2回に減ったという報告もあります。


-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------


これは、このバルプロ酸ナトリウムの脳の神経をしずめる作用によって、脳血管の異常な運動(収縮・拡張)がおさえられ、偏頭痛が起こりにくくなると考えられています。


もう少し詳しく説明すると、このバルプロ酸ナトリウムが脳内のガンマアミノ酪酸(GABA)の濃度を高める作用があり、このGABAが脳神経の興奮を抑える神経伝達物質の役割をしているんですね。


さらに、ドーパミンの濃度を上昇したり、セロトニン代謝を促進したりして、脳内の抑制系を活性化させることで、脳神経をしずめてくれるというわけです。


特に、
  • 偏頭痛の発作の回数が多く、日常生活に支障をきたしている
  • トリプタン製剤の効き目がよくない


といった場合には、予防薬として定期的に服用することで、発作の回数の減少、前触れの症状の軽減、発作が起きたときの治療薬の減量などが図れるでしょう。




バルプロ酸ナトリウムの副作用


副作用として一般的なものは、眠気・ふらつき・吐き気・食欲不振・倦怠感などです。


これらは、薬の飲み始めに多く見られ、しだいに軽減していくことが多いのですが、症状が重かったり長引いたりする場合は、早めに病院の診察を受けてください。


また、あまり重い副作用は無いと言われていますが、たまに飲み始めの数ヶ月間の間に、肝臓が悪くなる事があります。


それ以外にも、高アンモニア血症による意識障害・貧血・血液障害・過敏症症候群などの症状が報告されています


なので、服用に際しては定期的に各種の検査を受けて、副作用の具合のチェックや薬の効果のチェックをしてもらうようにしましょう。




服用に際しての注意点


まず、当り前のことかもしれませんが、基本的に服用する場合は自分だけの判断で服用することは避け、必ず専門医と相談しながら、用法や容量を守って下さい。


それを理解した上で、以下に注意点をあげておきますね。


診察のときの注意点


  • 肝臓が悪いなどの持病がある場合、また、アレルギーのある場合は医師に伝えること
  • 別で飲んでいる薬がある場合も必ず医師に伝えること
  • 妊娠中の場合は医師に伝えること



飲んではいけない、もしくは注意が必要な場合


  • 重い肝臓病を患っている
  • 尿素サイクル異常症がある場合
  • 妊娠中の場合




飲みあわせについて


バルプロ酸ナトリウムは、色々な薬と相互作用を起こしやすい性質があり、飲みあわせによっては、この薬の作用が強まり副作用がでやすくなります


逆に、効果が弱くなってしまう場合もあるので、服用中の薬がある場合は、必ず専門医と相談するようにしてください。



容量・用法について


偏頭痛の予防治療においては、毎日規則正しく飲み続ける必要があり、効果がでるまでにはある程度の時間がかかります。


頭痛が起きてから急に飲んでも効果は得られないといっても過言ではありません。


一般的な容量としては、1日に400mg~800mgを1日2~3回に分けて服用します。
(もちろん、年齢や症状に応じて多少増減があります。)


ちなみに、1日の総量として1000mgを越えないようにしてください。




はい、という事で、以上がバルプロ酸ナトリウムについてのまとめでした。


今回は特に偏頭痛に関連する部分だけをピックアップしてありますので、例えばてんかん薬として使う場合は容量や用法など変わってくるので、そこは注意をしてくださいね。


いずれにしても、効果は高い薬だけに副作用も気になるので、しっかりと医師と相談した上で使うことが大切ですよ!



ではでは、今回はこの辺で。


また次回お会いしましょう!!

(^^♪
関連記事

ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.