あなたの偏頭痛の引き金を知る方法 - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

あなたの偏頭痛の引き金を知る方法


今回は、引き続き「頭痛日誌」を使ってあなたの偏頭痛の「引き金」と「前触れ」を知る方法について書いていきますね。


頭痛日誌
を使って「引き金」「前触れ」を知ることができれば、次のような事ができるようになります。


  • その「引き金」(過度の睡眠や食事を抜くこと、特定の食べ物など)を避けることができる
  • 避けられない「引き金」(仕事上のストレスなど)に対する反応を変える事ができる
  • 「引き金」にさらされた時に、とるべき予防措置ができる
  • 偏頭痛の治療薬を飲むベストなタイミングが解る



いずれにしても、あなたを苦しめているその偏頭痛の正体を見つけることは、偏頭痛を治すための第一歩となります。


正体さえ解れば、あとはそれに対して対策を打つだけですからね!!



punch.jpg
(頭痛にパンチっ!)


では、いってみましょう!!

-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------



あなたを苦しめる偏頭痛の引き金を見つけるには



まず、前回もコチラの記事で詳しくご説明しましたが、一般的な偏頭痛の「前触れ」と「引き金」についてもう一度おさらいしておきましょう。


以下の表をご覧下さい。


zutudiary2.jpg


こちらに書いてあるリストは、一般的な偏頭痛の前触れと引き金ですが、あなたには思い当たる部分がありますか?


もしこの中にピンと来る物が無くても、だいたいこの様な感じの物をイメージしながら、あなたが思いつく限りの「前触れ」や「引き金」をとにかく日誌に記録していってみて下さい。


ポイントは、なんでもない普段の生活とは「違う何か」があった時は、まずは全て日記に記入していくことです。


例えば、「今日こんな嫌なことがあった」などの人間関係のことや、「今日は大雨だったor台風が近づいていたorかなり寒かった」などの気候や天候に至るまで、どんな些細な事でも良いので、本当に日記のように記録していって下さい


そうやって記録していく中で、頭痛が起こった時とそうでない時との関連性がだんだん見えてくるようになります


もちろん、偏頭痛を起こす「引き金」や「前触れ」などは、長年の研究からだいたいは答えが解っているので(それはこのブログでもご紹介していきます)、それを参考にしながら、あなたに当てはめつつ記録していくともっと簡単に見つけられるかもしれません。


いずれにしても、その様にして記録していけば、その中からあなた独自の物が必ず見つかりますので、頑張って記録していきましょうね!



それでは、次に、「前触れ」や「引き金」を見極める際に注意しないといけないいくつかのポイントがあるので、それをまとめておこうと思います。





偏頭痛の「前触れ」とは、頭痛が起きる前に少なくとも50%の確立で起こる前触れのこと



もしも、1週間のうちのほとんどの日に甘いものを食べたいという欲求がある場合は、頭痛が起きる起きないに関わらず、それは頭痛の「前触れ」とは言えません。(単に甘いものが好きなだけですね。笑)


同じように、ほぼ毎日イライラが続いている場合や、ずっとお腹の調子が悪いなどの場合も「前触れ」とは言えないでしょう。(ただし、それはそれで「引き金」になっている場合はあるし、それ以外の健康上の問題はありますが)


なので、ここで言う偏頭痛の「前触れ」とは、普段は何でも無いのに、頭痛が起こる前に急に甘いものが食べたくなったり、お腹の調子が悪くなったりする場合の事を言います




偏頭痛の「引き金」とは、頭痛が起こる12時間前にとった行動のこと



例えば、チョコレートとホットドッグ(加工食品)を月曜日に食べたとして、頭痛が起こったのが水曜日だった場合、それは水曜日に起こった頭痛の「引き金」とは言えません。


なので、あなたの頭痛が起こったその半日前までを思い出して、その時にどんな物を食べたか、天候はどうだったか、どんな行動をとったかなどを記録していくといいでしょう



偏頭痛の「引き金」は、ひとつだけとは限りません



というか、たったひとつの「引き金」で偏頭痛を引き起こす方が少ないといえます。


ほとんどの場合、例えばある一つの「引き金」にさらされている時に(ストレスなど)、そこにまた別の「引き金」が重なった時に偏頭痛が起きてしまいます。


tenbin.jpg


イメージは、こんな天秤のような感じですね。


ある一定の「引き金」の量を超えたときに、頭痛に傾いてしまいます。


私の場合は、仕事が忙しくなりストレスがたまっている時、これまたスケジュールがたまってしまい昼食が食べれなかった時、その日の夕方近くから必ずといっていいほど偏頭痛が起きます。


もともと朝食は食べない生活になっていて、さらに飲み物はコーヒーしか飲まないコーヒー依存症ときてます。


なので、「ストレス+空腹+コーヒー」が重なった時に間違い無く頭痛になるわけですね。


あなたの場合はどうでしょうか?



最後に「前触れ」と「引き金」を結びつけて考えてみる



ある程度、あなたの偏頭痛の「前触れ」と「引き金」が見えてきたら、最後にこの2つを結びつけて考えて見ましょう。


そうすると、偏頭痛の潜在的な「引き金」は、実は「前触れ」に対する反応だったりする場合があります。


どういうことかと言うと、例えばあなたが偏頭痛が起きる前に「甘いものを食べたくなる」という「前触れ」があった場合、その「前触れ」のせいで「チョコレートを食べる」という「引き金」になる行動をとっているケースです。


また、下痢または便秘(前触れ)があるために食事を抜いた(引き金)とか、今日はなぜかやたらとイライラしていた(前触れ)せいで、逆にストレスが溜まった(引き金)などなど。


で、例えばこういうケースのように、「前触れ」と「引き金」の関連性に気付く事ができれば、その前触れを見極め、引き金を避けて頭痛を避けることができるようになります!



『今日の私は、なんだかやたらとイライラしている。生理も始まったばかり。ピーナッツバターやチョコレートが無性に食べたい!!・・・・、でも、偏頭痛が始まる数時間前にはいつもこんな風に感じるんだよね。。。じゃあ今回は、ちょっと行動を変えて、リラックスできる音楽を聴きながらストレッチ体操をして偏頭痛の予防ができるか試してみよう!!』



こんな風に行動を変える事ができれば、偏頭痛の無い毎日もそう遠くは無いですね!!


頑張っていきましょう!


ではでは、今日は長くなったのでこの辺で。


また次回お会いしましょう!
(^^♪

関連記事

ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.