トリプタン製剤を使うときの注意点とは? - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

トリプタン製剤を使うときの注意点とは?


偏頭痛の特効薬として、多くの脳神経外科などでも処方される「トリプタン製剤」


偏頭痛の痛みを止める薬としては確かに効果が高いのですが、いくつか注意点もあります。


ここでは、トリプタン製剤を使うときに注意しなければいけない点をまとめました。


-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------




triptan1.jpg


トリプタン製剤を使うときの注意点




心臓疾患、高血圧の人は使用しない


トリプタン製剤にもエルゴタミン製剤にも言えることですが、これらは、心臓の周囲の血管に微小な収縮を生じさせることが解っています。


なので、心臓疾患のある人、高血圧がコントロールできていない人、あるいは、脳卒中の病歴がある人の場合は使用を控えるようにして下さい。


また、この血管の収縮作用は、喫煙による相乗効果も報告されているので、薬を飲んでいる時には禁煙するように注意しましょう。



一緒に飲んではいけない薬があります


抗うつ薬のSSRI(セロトニン選択的再取り込み阻害薬)は、トリプタン製剤の作用を増強させますので一緒に使用しないようにしましょう。


また、トリプタン製剤を飲んだ後、24時間以内にエルゴタミン製剤を併用すると血管収縮作用が強く表れるので、その間は併用しない様にして下さい。


例えば、「トリプタン製剤を飲んだけど、効果が無い」という場合、ナラトリプタン(商品名:アマージ)は4時間後に、それ以外のものは2時間後であれば、再服用が可能です。(ですが、詳しくは薬の仕様書、及び医師へ相談してくださいね。)



子供に使う場合は注意が必要


もともとトリプタン製剤は、成人向けに開発されたものであり、子供に対する研究が十分に行われていません


一応、体重40kg以上、12歳以上の子供では成人と同じ量の投与が可能と言われています。体重25~40kgの場合、成人の半分の量の投与が可能。そして、25kg未満の場合でも、錠剤を粉砕するなどしての処方が可能と言われてはいます。


専門の医師がきちんと適応を見極めて処方するのであれば問題ないと言われていますが、その専門医が本当に詳しいかどうかは定かでは無いので(本当に専門医なのかを知る術は難しいですよね…)、やっぱりなるべく子供には使わないほうがいいと思います



10日以上連続で使用はしない


トリプタン製剤は、偏頭痛の第一治療薬として医療機関でも推奨されているとは言え、やっぱり薬は薬です。


なので、連日のように使用し続けると、当然ながら依存症の状態となり、だんだん薬が効かなくなってきます。だんだん効かなくなってくるので、さらに薬を使うようになって…


そのようにして、当ブログでも取り上げた「薬物乱用頭痛」へと陥ってしまうリスクが高くなりますので、10日以上は絶対に連続で使わないようにして下さい。


トリプタン製剤を使っても頭痛が改善しないのであれば、薬が合わない体質なのか、別の原因からくる頭痛である可能性が高いので、専門医と相談しながら本当の原因を探るようにした方が良いと思います。




最後に伝えたいこと



ここまで、トリプタン製剤を使うときの注意点を書いてきました。


色々と注意点を書いてきましたが、本当は、一番良いのはトリプタン製剤を使わない事です。


というのは、トリプタン製剤は確かに偏頭痛を引き起こしている血管へと直接作用して、「今起こっている頭痛」に対しては抜群の効果を発揮してくれます。


しかし、それはあくまでも「対処療法」であり、「根本的な解決にはなっていない」のです。


そもそも、偏頭痛になってしまう「根本原因」を解決しない限りは、いつまでも頭痛からは開放されませんし、薬を使い続けなければいけません。そうなると、費用も莫大にかかりますし、薬物乱用頭痛もずっと付きまとうことになります。


当ブログでも、偏頭痛の起こる根本原因とは何なのか、そしてそれを根本から解決するためにどうすれば良いのかについては詳しく書いていますが、結局一番大切なのは「体質改善」です


なので、とりあえず「今この瞬間痛む頭痛をなんとかしたい」場合には、このトリプタン製剤を使って急場をしのいで頂き、それと同時に「予防薬」も使いながら偏頭痛の回数を減らし、それと平行して「生活療法」をしっかりと実践して頂きながら、偏頭痛の根本原因を解決する「体質改善」を実現していただきたいと思います


このブログでも、その方法については詳しく説明していきますので、一緒にがんばっていきましょうね!


偏頭痛に悩まされる事も無く、心配する必要も無い、ストレスの無いハツラツとした毎日を手に入れましょう!



ではでは、また次回を楽しみにしてくださいね
(^^♪




関連記事

ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.