偏頭痛とはどんな病気?片頭痛の症状とその特徴について - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

偏頭痛とはどんな病気?片頭痛の症状とその特徴について



まず始めに、「偏頭痛とはどんな病気か?」について少しおさらいをしておきましょう。


これを知る事で、あなたのその「頭痛」が「片頭痛」なのか、それともそれ以外の「頭痛」なのかが解ると思います。


それによって対処方法も変わってくるので、整理しておきましょうね。

-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------



偏頭痛の症状と特徴


偏頭痛に悩んでいる日本人は、15歳以上の人口の約8.4%。
特に20代~50代の女性に多い病気で、男性の約4倍の発症率と言われています。最初は10代~20代で発症する事が多く、遅くとも30代までには発症すると言われています。


痛みは「片頭痛」という名の通り、
頭の片側のこめかみから眼の辺りにかけて心臓の鼓動に合わせて「ズキンズキン」あるいは、「ドクンドクン」といった強い痛みが襲ってくるのが特徴です。

ただ、人によっては痛みの場所が左右に移動したり、両側が傷んだりというケースもあります。


片頭痛の発作は人にもよりますが、だいたい月に1回~数回くらいの割合で起こり、一度の発作で数時間~3日間ほど続く事が多く、

酷い時には吐き気や嘔吐を伴って日常生活や仕事も全く手に付かない状態になることも



ただ、この「偏頭痛」の大きな問題点の一つとしては、周囲から理解されにくいんですよね。


「頭痛」というと、よくある軽い症状と思われがちで、
その深刻さ・辛さが周囲の人が解ってくれないケースが多い。


それで職場の人間関係や夫婦間の仲が悪くなった、
友達と喧嘩してしまった、というのはよく聞く話です。


kenka1.jpg



さらにもっと問題なのは、「当の本人」が「偏頭痛」という事に気付いていない場合もあるんですね。


ただの頭痛と思っているから、発症したとしても病院で診断を受ける事もなく、市販の頭痛薬や風邪薬を飲んで治まるまで我慢してしまうんです。


後ほど説明しますが、頭痛薬の中には片頭痛を起こしやすい体質に
変えてしまう物もあるので注意が必要
です。

b1blue_arrow-kijinavi.jpg 薬物乱用頭痛の原因は頭痛薬だった!?




その頭痛は偏頭痛?簡単セルフチェック法



あなたのその「頭痛」は「偏頭痛」なのか?

今までご説明した偏頭痛の特徴を踏まえたうえで開発された(頭痛医療推進委員会より)簡単なセルフチェック法があります。(簡単といっても結構精度は高く、このチェック表で「片頭痛かも」と診断された人のうち、実際に病院で「片頭痛」と確定診断された人は9割以上にものぼったそうです。)

簡単ですが意外と優秀なチェック表なので、まずは診断してみて下さいね。


偏頭痛の簡単セルフチェック法


過去3ヶ月間にあった頭痛について

1.歩いたり、階段の上り下りなどの普段の動作で頭痛が酷くなることや、動くよりじっとしているほうが楽だったことはどれくらいありましたか?


□なかった □まれ □ときどき □半分以上

2.頭痛に伴って吐き気がしたり、または胃がムカムカすることがどれくらいありましたか?


□なかった □まれ □ときどき □半分以上

3.頭痛に伴って普段は気にならない程度の光がまぶしく感じることがどれくらいありましたか?


□なかった □まれ □ときどき □半分以上

4.頭痛に伴ってにおいが嫌だと感じることがどれくらいありましたか?


□なかった □まれ □ときどき □半分以上
(以上、「頭痛医療推進委員会」の発表内容より)





と言う事で、いかがですか?



上記の4つの質問の中で、2つ以上の項目で「ときどき」「半分以上」と回答した場合、片頭痛の可能性が高いです。


あなたが偏頭痛の可能性が高い場合は、まずは一度専門の病院を受診する事をおススメします。


ただし、病院を受診する時も注意すべきポイントがいくつかあります。


このポイントをはずしてしまうと、的外れな診断をされてしまい間違った治療をされてしまう等、あまり良い結果は得られないと思いますので、そこはしっかりと意識をして欲しいと思います。


そのポイントについてはこのブログでもご紹介していますので、もう一度確認したい場合は以下をご覧下さい。

b1blue_arrow-kijinavi.jpg 偏頭痛で病院を受診する前に注意すべき点とは



そして、このブログでも色々と改善方法を提示していきますので、
一緒に体質改善に取り組んでいきましょうね。


問題点をしっかりと見つめて把握をして、それに対しての適切な対処をすれば、状況は必ず良くなりますよ!!



ではでは、今回はこの辺で失礼します。



続きは以下をご覧下さい(^^♪


b1blue_arrow-kijinavi.jpg 偏頭痛が起こりやすいのはどんな時?




ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.