緊張型頭痛の薬を使わない治療法 - 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ

緊張型頭痛の薬を使わない治療法



緊張型頭痛は、身体的ストレス精神的ストレスが積み重なった時、首から肩にかけての筋肉が収縮してこった状態になる事で発症します。


「今そこにある痛み」を何とかするために、市販の頭痛薬などの「薬」で対処している人も多いと思います。


しかし、市販の頭痛薬はあくまでも「今ある痛み」をごまかしているだけに過ぎず、結局は根本的な解決にはなっていませんよね。


特に緊張型頭痛の場合であれば、そもそもの原因が「ストレスによる首や肩のコリ」によるものなので、その元を断つ為には、やはり薬を使わない生活療法の方が効果が高いと言えます。


では、具体的にどの様な方法があるのでしょうか?


-------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます
このブログは、「人気ブログランキング」に参加しています。
クリックしていただく事で「ランキング順位」がアップしていきます。
多くの方にこのブログの事を知って頂きたいので、クリックをお願いします!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-------------------------------------------------------------------------



緊張型頭痛の薬を使わない治療法



まず大前提として、緊張型頭痛を治すためには、心身のストレスを上手に解消することが大切なんですね。


まぁ、そんな事はもう解ってるよ!!ってなりそうですが、ただ、仕事や家事に毎日忙しくしている人にとってみれば、「ストレスの無い生活を送るようにしよう!」って言われても、そりゃあどだい無理な話ですよね。。。


なので、ここでは、日々忙しく、ストレスにさらされる環境に身をおきながら戦っているあなたでも、少し意識を変えるだけで実行できるものからピックアップしてご紹介していきたいと思います。



正しい姿勢を保つように心がける



普段から姿勢に気を付けて、筋肉への負担を減らすように心がけます。


無理な姿勢や悪い姿勢を長い時間とらないように心がけることがポイントです。


緊張型頭痛の原因の一つと言われている眼精疲労筋肉疲労を少なくするために、特にパソコン作業が長くなる場合は、適度に休憩を挟んだ方が良いです。


たまに姿勢を変えたり、椅子に座りながらでも首や肩を動かすようにするとだいぶ疲労は軽減されますよ。

senobi.jpg


また眠る時の「枕の高さ」も重要です。高すぎたり、低すぎる枕は肩や首のこりの悪化に繋がりますので、自分に合った枕を選ぶようにしてください。(枕については、また後ほど詳しくとりあげようと思います。)



お風呂でリラックス!しっかり「ほぐす」



一日の終わりにゆっくりとバスタイムでリラックスしながらマッサージを行いましょう。


お気に入りのアロマオイルを使うなど、香りのリラックスをプラスすれば、なお効果は高まります。


そうする事で、心身のストレスを受けて凝り固まった筋肉をほぐし、血液の循環を良くして肩や首のこりを和らげます。


このお風呂や温湿布などの「温める」治療は、血行をよくする効果抜群!なかなかゆっくりお風呂に入る時間がない時は、暖かいタオルで肩や首を温めるだけでも効果はあります。



適度な運動



正直なところ、運動不足を抱えている人は多いと思います。(そういう私自身がそうです。涙)


ただ、工夫次第では色々とやる事はできます。


一日中パソコン作業が仕事だったりする場合でも、例えば職場までの行き帰りを、少し早歩きに変えてみるだけでも結構汗がにじむくらいになったりします。


また、家の掃除に雑巾がけや拭き掃除を加えてみたり、普段はエレベーターを使っているのを、一日一回は階段を使ってみたりなど、ほんの少しの積み重ねが大切です。


taisou.jpg
(ここまでやる必要はありません。笑)



そして、こちらのブログでもおススメしている「頭痛体操」「ストレッチ」を休憩の合間に入れるだけでも全然違いますので、是非実践してみる事をおススメします。


頭痛に効くツボ



ツボ押しは、局所的に筋肉の緊張を取り除いたり、血管の拡張を押さえたりするのに効果的です。


また、市販薬を使ったときのように副作用もなく、依存症になる心配も無いのでとてもお勧めです。


医学的にもここ数年の間に、「慢性頭痛患者への指圧は筋弛緩剤より効果がある」「指圧は頭痛や痛みなどの神経障害に有効」とい研究報告も出ています。


詳しくは後ほど説明しますが、痛みが起こる部位別に、「風池(ふうち)」「天柱(てんちゅう)」といった、それぞれ効果的なツボがあります。



食べ物に気をつける



頭痛に限らず、全ての慢性病の原因は生活習慣にあると言われています。


その中でも、当然大切なポイントになってくるのが食事ですよね。


こと頭痛に関しても、頭痛を誘発する原因となってしまう食べ物があります。


そういった食べ物をできるだけ控えながらも、積極的に体質改善を図れるように「体に良い食べ物」を食べる事が頭痛を予防する上でもとても大切なポイントです。


具体的には「体を温めるもの」や「血液の流れをよくするもの」、「腸内環境を整えるもの」など、それ以外にもビタミンやアミノ酸をバランスよく取り入れるようにするなどの工夫が大切です。


この「食べ物」についても、後ほど詳しく説明していきますね。




以上が、緊張型頭痛を薬を使わずに治していく代表的な方法となります。


あなたの続けやすいものから、まずはひとつだけでも良いので実生活に取り入れて実践してみて下さいね。


「体質改善」は効果が目に見えて現れてくるのは少し時間がかかりますが、1、2ヶ月もすれば間違いなく違いが現れてくるはずですので、まずは「習慣」になるまで続けて見て下さいね!!



ではでは、今回はこの辺で。


また次回お会いできるのを楽しみにしています!

(^^♪
関連記事

ポチッと1回、あなたの応援クリックが記事更新の励みになります!!
記事がお役に立てば、下のバナーをポチッと1回!このブログの応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

健康と医療 ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント残させていただきます。

頭痛の治し方、色々ありますね。
でも、やっぱり大事なのは、
おっしゃる通り、「習慣」にすることですね。

私も頭痛のブログを書いてますので、
とても勉強になりました。

また、訪問させていただきますね(^-^)

2015-04-21 23:01 from かみん

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 偏頭痛の原因と対処法~正しい治し方まとめ All Rights Reserved.